薬剤師求人 > 管理薬剤師の手当と福利厚生

薬剤師求人-管理薬剤師の手当と福利厚生

福利厚生というと何が思い浮かびますか。 月々の給与の他に支給されたり、その時に必要な特典やサービス、援助のことを福利厚生と言いますが、会社等の勤務先によって様々あります。

法律で義務付けられている手当には健康保険、雇用保険、厚生年金などがあり、これらも福利厚生のうちの1つです。 勤務先が任意で定めているものとしては財形貯蓄、通勤手当、住宅手当、慶弔見舞いなどがあるの

ですが、これらの手当の内容次第で「福利厚生が充実している・していない」と言われることになるので、福利厚生とは雇用する側にとってもされる側にとっても重要な要素です。

ユニークな福利厚生を挙げると、リゾートホテルを特別料金で利用できたり、社内バー、失恋休暇などもあるから驚きです。 なぜこういったものが設けられているのかというと、やはり何よりも従業員のモチベーションを上げる為だと言えますね。

逆に福利厚生が充実していないと会社への不満が大きくなる傾向があります。 年収額面だけを重視して就職や転職活動を行なう人は少ないのではないでしょうか。 福利厚生面にもこだわって応募先を決める人が多いようです。

医療従事者である医師、看護師、薬剤師には専門性や特殊性のある業務を任されることになるので、様々な手当がもらえます。 X線を使う手術室などの業務には危険手当がつきますし、結核やHIVなどの感染症を扱う際には感染症手当が支給されます。

他には救急医療の為にスタンバイするオンコール待機手当、難病を扱う時に発生する特殊疾病取り扱い手当、分娩手当など多くの種類の手当があります。

管理薬剤師も例外ではなく、管理薬剤師手当という役職手当のようなものが支給されます。 この手当は任意によって金額が決定される手当になるので、勤務先によって支給額が異なります。

大体は月に25,000~40,000円くらいが支給されるようです。 年収でいうと30~50万円の管理薬剤師手当が加算されます。